ヤマサ竿昌 今年初ダムの、乘つ込み

2020/03/31

  令和2年3月30日
  昨日は、雪交じりの雨になり可成り気温も、低下して、水温低下で、朝のうちは、ヘラの動きも悪いと思い
  昼から出掛ける事にしました。今日は、桜の花も見ごろで気持ちの良い日になりましたので、用事をすませて
  出掛けました。現地に着いたのは、16:00でしたので、さつ足、釣座を確保し、準備に散りかかりました。
  タナを、測ると約、1m位あり、昨日の雨で、増水しているのか、又濁りが出て居ました。さつそく準備も
  おわり、打ち込み開始しました。暫くすると、浮に反応が出だしましたので、慎重に浮に、目怒らして居ると
  浮が少し上がり、1節チクリ水面にはいりましたので、合わせるとかなりの引きが有り、ヘラブナゲツトしま
  した。その後暗く成りだしましたので、浮を、電気浮に、変え粘りました。お陰で何とか、7枚出ました。
  21:30でしまいました。最大の大きさは、44~45cm有りました。

          

          
      可成り濁りが有りました。
          
      静かに時間が過ぎ、ロケーションも素晴らしく気持ちが安らぎます。
          
     私の玉網、玉の柄
          
     乗つ込専用の竿昌の9尺  50上専用に設計されていますので、40cm以下では、機能しません。
         
     42cまります。
         
    45cm位でしょうか?